新銭(読み)シンセン

デジタル大辞泉の解説

しん‐せん【新銭】

新たに鋳造・発行された銭。
室町末期以降、中国の銭を模して日本で鋳造した悪質の貨幣。
寛永通宝のこと。
「―二百貫調へ、空尻(からじり)馬に付けて」〈浮・永代蔵・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんせん【新銭】

新たに鋳造した貨幣。
特に、寛永通宝のこと。 ⇔ 古銭 「山田を出でし時-二百貫調へ/浮世草子・永代蔵 4
室町末期以後、中国の貨幣にまねて私鋳した悪質な貨幣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android