コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方分く カタワク

デジタル大辞泉の解説

かた‐わ・く【方分く】

[動カ四]
歌合わせ・競(くら)べ馬などで、人数を左右に分ける。双方に分ける。
「上達部、御子達、―・きて競べ給ふ」〈宇津保・祭の使〉
別々にする。異にする。
「かく御心少しづつは―・かせ給へれど、上も宮も劣らず」〈栄花・殿上の花見〉
[動カ下二]1に同じ。
「梅と桜の造り枝百人づつ―・けてふりかたげ」〈浄・国性爺

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたわく【方分く】

( 動四 )
歌合わせ・競べ馬・相撲など二組に分かれて争う競技で、左右の組に分かれる。別々になる。 「三条太政大臣左右に-・きて/後拾遺 秋上詞
区別する。けじめをつける。 「かく御心少しづつは-・かせ給へれど/栄花 殿上の花見
( 動下二 )
別々に分ける。二手に分ける。 「梅と桜の造花つくり百人づつ-・けて振りかたげ/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

方分くの関連キーワード国性爺合戦

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android