コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方山永固陵 ほうざんえいこりょうFāng shān Yŏng gù líng

世界大百科事典 第2版の解説

ほうざんえいこりょう【方山永固陵 Fāng shān Yŏng gù líng】

中国,山西省大同市の北,方山山陵に設けられた北魏時代の古墓。北魏,文成帝の妻胡太后(文明太后)馮氏の墓で,その北に孝文帝寿陵〈万年堂〉がある。永固陵は,481年(太和5)にその修築工事が始まり,490年に入葬された。円墳で南北約117m,東西124m,高さ約23mをはかる。墓は多室墓で,墓道,前室,甬道,後室の4室からなり,墓室の南北の総長は17.6mである。1976年の調査によると,金の正隆年間(1156‐60)以前,金の大定年間(1161‐89),ならびに清の光緒年間(1875‐1908)に盗掘されていることがわかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android