コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方西園 ほう せいえん

美術人名辞典の解説

方西園

清の画家。名は方済、字は巨済、西園は号。山水人物花卉を能くする。乾隆60年(1795)歿、76才。

方西園

清の画家。名は方済、字は臣済、西園は号。山水・人物・花卉を能くする。乾隆60年(1795)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

方西園 ほう-せいえん

1734-1789 清(しん)(中国)の文人画家。
雍正12年生まれ。安永9年(1780)安房(あわ)(千葉県)千倉漂着。本国送還のため海路長崎にいたる途中で富士山をえがき,清にかえってその絵が話題になった。乾隆54年死去。56歳。名は済。字(あざな)は巨川,巨済。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

方西園

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:乾隆1(1736)
江戸中期に来日した清の商人,画家。名は済。字は巨川,巨済。西園は号。安徽省あるいは江蘇省の人。山水花鳥を描き,画風は明代の浙派風。安永~寛政年間(1772~1801)に何度か来日。安永9(1780)年,房州(千葉県)に漂着し,長崎へ送還される間に富士山を見,その富岳図で有名になる。ただし,そのときの写生と称する谷文晁模刻「漂客奇勝図」には疑問が多い。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

方西園の関連キーワード伊豆原麻谷真村斐瞻真村蘆江没年

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android