コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨川 コセン

デジタル大辞泉の解説

こ‐せん【巨川】

非常に大きな川。きょせん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨川 きょせん

1722-1777 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)7年生まれ。幕臣。宝暦2年西丸書院番。俳人笠家左簾(かさや-されん)の社中。絵暦(えごよみ)交換会の頭取として,意匠や図柄を工夫して浮世絵師鈴木春信(はるのぶ)にえがかせ,春信を錦絵(にしきえ)創始期の第一人者にそだてあげた。安永6年7月2日死去。56歳。姓は大久保。名は忠舒(ただのぶ)。別号に菊簾舎,城西山人。編著に「世諺(せげん)拾遺」「百(もも)千鳥」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

巨川

没年:安永6.7.2(1777.8.4)
生年:享保7(1722)
江戸中期の俳人。江戸牛込の旗本大久保甚四郎忠舒の号。明和2(1765)年ごろ趣味人の間で大流行した大小絵暦交換会(意匠をこらした陰暦カレンダーのコンテスト)の頭取として,鈴木春信の有力なパトロンとなる。<著作>『世諺拾遺』<参考文献>森銑三「春信版画の巨川と莎鶏」(『森銑三著作集』4巻)

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こせん【巨川】

〔「こ」は呉音〕
大きな川。きょせん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

巨川の関連キーワード魯王朱以海巨川の済渉岡部富太郎大久保巨川山名時煕阿部莎鶏方西園吉留渉江口呉音

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨川の関連情報