コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨川 コセン

4件 の用語解説(巨川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐せん【巨川】

非常に大きな川。きょせん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨川 きょせん

1722-1777 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)7年生まれ。幕臣。宝暦2年西丸書院番。俳人笠家左簾(かさや-されん)の社中。絵暦(えごよみ)交換会の頭取として,意匠や図柄を工夫して浮世絵師鈴木春信(はるのぶ)にえがかせ,春信を錦絵(にしきえ)創始期の第一人者にそだてあげた。安永6年7月2日死去。56歳。姓は大久保。名は忠舒(ただのぶ)。別号に菊簾舎,城西山人。編著に「世諺(せげん)拾遺」「百(もも)千鳥」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

巨川

没年:安永6.7.2(1777.8.4)
生年:享保7(1722)
江戸中期の俳人。江戸牛込の旗本大久保甚四郎忠舒の号。明和2(1765)年ごろ趣味人の間で大流行した大小絵暦交換会(意匠をこらした陰暦カレンダーコンテスト)の頭取として,鈴木春信の有力なパトロンとなる。<著作>『世諺拾遺』<参考文献>森銑三「春信版画の巨川と莎鶏」(『森銑三著作集』4巻)

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こせん【巨川】

〔「こ」は呉音〕
大きな川。きょせん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨川の関連キーワード羅城鶏冠原元左橋橙雨傘車蝶左坊樗雲貞佐(1)里風帒一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone