コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

於茂多加男山(おもたかおとこやま)

デジタル大辞泉プラスの解説

於茂多加男山(おもたかおとこやま)

宮城県、阿部勘酒造店の製造する日本酒。平成21酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おもたかおとこやま【於茂多加男山】

宮城の日本酒。酒名は、蔵元・阿部家の家紋「於茂多加」と銘酒代名詞男山」を組み合わせて命名。全生産量の平均精米歩合が約50%という高精白でていねいに醸造する。大吟醸酒、本醸造酒がある。全国新酒鑑評会で金賞受賞歴多数。原料米は蔵の華、山田錦、五百万石など。仕込み水は泉ヶ岳伏流水。蔵元の「阿部勘酒造店」は享保元年(1716)鹽竈(しおがま)神社の神酒御用酒屋として創業。醸造高500石の小さな吟醸蔵。所在地は塩竈市西町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android