コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施平 せひょう

1件 の用語解説(施平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

施平 せひょう

?-832 平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)元興(がんごう)寺の住持。弘仁(こうにん)7年(816)律師となる。天長4年淳和(じゅんな)天皇が薬師如来像をつくり,宮中で法会をいとなんだときに空海,豊安らと法を説いた。天長9年死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

施平の関連キーワード生鮮コンビニ味の箱舟「かがわ漁業塾」南三陸町西明寺聖宝ルンカニ真済大蔵善行清原夏野

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

施平の関連情報