コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施平 せひょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

施平 せひょう

?-832 平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)元興(がんごう)寺の住持弘仁(こうにん)7年(816)律師となる。天長4年淳和(じゅんな)天皇が薬師如来像をつくり,宮中で法会をいとなんだときに空海,豊安らと法を説いた。天長9年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

施平の関連キーワード法相

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android