コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日中租税協定 にっちゅうそぜいきょうてい

1件 の用語解説(日中租税協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日中租税協定
にっちゅうそぜいきょうてい

正式には「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府と中華人民共和国政府との間の協定」。日本の対中投資,合弁事業の拡大に伴い,1983年の第3回日中閣僚会議で調印された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日中租税協定の関連キーワード国税人税租税法租税負担率源泉課税租税条約租税犯二重課税累進税・逆進税災害被害者に対する租税の減免,徴収猶予等に関する法律

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone