コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事業所得 ジギョウショトク

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

事業所得

所得税の所得区分で、農業や漁業、製造業などのほか、郵便局保険外交員業績で得た事業収入も対象になる。必要経費を除く所得が20万円を超える場合、給与所得との合算確定申告をしなければならない。 事業収入に対する経費の割合(概算経費率)が業種ごとに認められていたこともあったが、現在は一部を除いて廃止されている。

(2015-08-25 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

じぎょうしょとく【事業所得】

所得税法上の所得分類の一。自己の計算と危険において営利を目的とし対価を得て継続的に行う経済活動から生ずる所得。農業・漁業・製造業・卸売業・小売業・サービス業などから生ずる所得。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事業所得の関連キーワードキャピタルゲイン課税営業余剰・混合所得一時所得と雑所得見做し法人課税事業所得者課税所得[家庭]日中租税協定合計所得金額政府経常余剰不動産所得総所得金額専従者給与譲渡益課税課税最低限再評価税譲渡所得クロヨン青色申告山林所得休業損害

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事業所得の関連情報