コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日初寂顕 にっしょ じゃくけん

1件 の用語解説(日初寂顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日初寂顕 にっしょ-じゃくけん

1701-1770 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)14年生まれ。黄檗(おうばく)宗。蘆江海旨の法をつぎ,摂津池田(大阪府)の蓮秀庵で清貧の生活をおくる。国史にくわしく,富永仲基(なかもと)の遺業をついで「日本春秋」全50巻をあらわした。明和7年10月26日死去。70歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日初寂顕の関連キーワードチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇ドイツ演劇儒林外史ゴム八文字屋本浅野長矩キッド

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone