コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日墨通商修好条約 にちぼくつうしょうしゅうこうじょうやく

1件 の用語解説(日墨通商修好条約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にちぼくつうしょうしゅうこうじょうやく【日墨通商修好条約】

明治政府が1888年,メキシコと結んだ日本最初の対等条約大隈重信外相は最恵国条款の有条件主義を貫くために,在日メキシコ国民が日本の法権に服する条件で日本内地を開放することと,相互に治外法権を認めないことを定めた。欧米諸国が最恵国条款によって日本の法権に服さないで内地開放に均霑(きんてん)することを防ぐために,秘密公文(内地開放の条項を日本からの通告で廃棄できる)が交換してあった。88年11月,大隈外相の指示により駐米公使陸奥宗光が駐米メキシコ公使ロメロMatias Romeroとの間で調印,翌89年6月批准書交換,7月18日公布・実施された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日墨通商修好条約の関連キーワードメキシコ革命メキシコ湾メキシコ湾流メキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコ貿易銀メキシコ銀メキシカンメキシコ・セット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone