コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道生 どうしょうDao-sheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道生
どうしょう
Dao-sheng

[生]?
[没]元嘉11(434)
中国,東晋時代の僧。竺法汰に従って出家し,15歳のときに経典を講義した。隆安1 (397) ~元興1 (402) 年廬山慧遠 (えおん) に師事し,のちに慧叡,慧厳とともに長安に出て鳩摩羅什に師事したが,義煕5 (409) 年に南方に帰って青園寺に住した。主著『仏性当有論』『法身無色論』『仏無浄土論』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道生
どうしょう
(355―434)

中国、東晋(とうしん)から南朝宋(そう)代の僧。竺道生(じくどうしょう)ともいう。俗姓は魏(ぎ)氏。鉅鹿(きょろく)(河北省鉅鹿県)の人。訳経僧鳩摩羅什(くまらじゅう)門下の四哲の一人。竺法汰(じくほうた)(320―387)について出家し、初め建康(南京(ナンキン))の竜光寺に住したが、隆安(りゅうあん)年中(397~401)に廬山(ろざん)に入り、7年間幽棲(ゆうせい)して経論を研究し、慧遠(えおん)による白蓮(びゃくれん)社の十八賢人の一人となった。のち慧叡(ええい)(355―439)、慧厳(えごん)(363―443)、慧観(えかん)(生没年不詳)とともに長安に赴き、鳩摩羅什に師事した。409年に建康に帰り、青園(せいえん)寺に住した。大乗仏教の深義に通達し、善(業)は報(果)を受けずという説と頓悟成仏義(とんごじょうぶつぎ)(悟りには段階はなく、ただちに真理を悟り成仏するという説)を唱え、六巻『泥(ないおんきょう)』を究めて、経には説かれていない闡提成仏(せんだいじょうぶつ)説(善根を断じた人も成仏するという説)を主張した。道生の新説は大きな反響を引き起こし、異端邪説として排斥する人々もあった。430年ふたたび廬山に入り、『法華経疏(ほけきょうしょ)』(現存)を撰(せん)した。ほかに『二諦(にたい)論』『仏性当有論(ぶっしょうとううろん)』『法身無色論(ほっしんむしきろん)』『仏無浄土論(ぶつむじょうどろん)』『応有縁論(おううえんろん)』などを著した。[伊藤隆寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の道生の言及

【竺道生】より

…道生でも知られる。中国思想史の根本的な転換期である東晋末期から劉宋期において中心的役割を果たした仏教哲学者。…

※「道生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道生の関連キーワード柳原紀光(やなぎわらのりみつ)宮崎県延岡市北方町南久保山東京シティ・バレエ団日清通商航海条約日英通商航海条約ル・ジャンドル桂‐タフト協定日露通好条約大塚先儒墓所折たく柴の記日本外交文書日韓議定書山本条太郎道生庵卜顧シドッティ人見卜幽軒道生(2)済物浦条約湯谷 基守渡辺重石丸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道生の関連情報