日新火災海上保険(読み)にっしんかさいかいじょうほけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日新火災海上保険
にっしんかさいかいじょうほけん

損害保険会社。 1908年帝国帆船海上保険として設立。 1910年に東洋海上保険,1925年に東洋海上火災保険と改称。 1942年東明火災海上保険を合併。 1943年に豊国火災保険,福寿火災保険を合併し,現社名に変更。東京海上火災保険と関係が密接で,2003年に業務提携および資本提携を結んだ。自動車保険を中心に大衆保険分野に地盤を置く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日新火災海上保険

正式社名「日新火災海上保険株式会社」。英文社名「Nisshin Fire & Marine Insurance Co., Ltd.」。保険業。明治41年(1908)「帝国帆船海上保険株式会社」設立。同43年(1910)「東洋海上保険株式会社」に改称。昭和18年(1943)「豊国火災保険株式会社」「福寿火災保険株式会社」と合併し現在の社名に変更。本社は東京都千代田区神田駿河台。東京海上ホールディングス子会社の損害保険会社。個人客向け市場に軸足。地域密着型の営業を展開。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日新火災海上保険の関連情報