コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京海上火災保険 とうきょうかいじょうかさいほけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京海上火災保険
とうきょうかいじょうかさいほけん

損害保険会社。1878年,渋沢栄一の主唱により東京海上保険が創立され,1918年東京海上火災保険に改称。1944年三菱海上火災保険,明治火災海上保険と合併して新たな東京海上火災保険を設立。第2次世界大戦前から世界的に発展し,三菱グループの一員としての強みを発揮して業界トップの地位を占め,新種保険などに積極的に取り組んできた。1998年9月,同じ三菱グループの東京三菱銀行三井信託銀行明治生命保険とともに投資信託と証券分野を中心とする業務提携を結ぶ。2002年日動火災海上保険とともに持株会社ミレアホールディングスを設立,傘下子会社となった。2003年日新火災海上保険と業務提携および資本提携を結んだ。2004年10月日動火災海上保険と合併し,東京海上日動火災保険となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京海上火災保険
とうきょうかいじょうかさいほけん

損害保険会社の旧名称。1879年(明治12)華族資本に岩崎弥太郎(やたろう)の出資を加えて東京海上保険を設立。1894年イギリスでの営業で赤字となり、各務鎌吉(かがみけんきち)、平生釟三郎(ひらおはちさぶろう)が整理にあたり、99年資本金半額減資。以後はロンドン保険業者との再保険特約により、海上保険の大口契約を吸収発展する。1914年(大正3)火災、運送、自動車など新種保険を引受け開始、18年、東京海上火災保険と改称し、海上保険も第一次世界大戦で飛躍的発展を遂げた。その後海外営業網を拡大する一方、1915年明治火災、東明火災を支配下に収め、18年新設の大正海上(現三井住友海上火災)、三菱(みつびし)海上と人事・資本交流を行うなど、損保業界で独占的地位を築いた。1933年(昭和8)には三菱海上の全株を掌握するとともに自ら三菱の系列下に入った。1944年戦時統制下で明治火災、三菱海上と3社合併、新発足する。戦後占領下で信用保険、労災保険など新種開拓しつつ再建。1952年(昭和27)航空保険、55年自賠責保険を開始、自動車保険は急成長し、72年には元受保険料の50%を超える。その後さらに傷害保険など保険商品の多様化が進み、海外元受業の拡大が図られた。1995年(平成7)保険業法の全面改正により生命・損害保険の子会社による相互参入が可能となり、96年子会社の東京海上あんしん生命保険(現東京海上日動あんしん生命保険)を設立。2002年4月、日動火災海上保険と共同で持株会社「ミレアホールディングス(現東京海上ホールディングス)」を設立し、経営統合した。2004年10月、日動火災と合併し東京海上日動火災保険となる。合併前の東京海上の正味保険料1兆5031億円、総資産7兆2375億円、資本金1020億円(2004)。[田付茉莉子]
『東京海上火災保険株式会社編・刊『東京海上火災保険株式会社百年史』上下(1979、82)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東京海上火災保険の関連キーワード三菱東京フィナンシャル・グループ東京海上ホールディングス(株)ミレアホールディングス[株]東京海上日動火災保険(株)東京海上日動火災保険[株]東京海上ホールディングス大成火災海上保険日本債券信用銀行損害保険ジャパン佐々木 慎思郎山本 源左衛門荘田 平五郎あおぞら銀行三菱信託銀行賠償責任保険佐々木慎思郎田中 徳次郎各務 鎌吉渡辺 銕蔵津村 信夫

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android