日本ハング・パラグライディング連盟(読み)にほんハング・パラグライディングれんめい

パラグライダー用語辞典の解説

日本ハング・パラグライディング連盟

JHF。日本国内のハンググライダーパラグライダーを総統括代表する機関。Japan Hanggliding & Paragliing Federation の略称。文部大臣に公益法人として許可されたJHFは、日本のハンググライディング・パラグライディングを統括し、このスポーツを愛好する人々(フライヤー)を代表する団体として、ハンググライディング・パラグライディングの発展と普及のために活動している。主な事業は、技能証の発行、普及振興事業の推進、指導員の養成、各種競技会の主催および公認など。役員に業界の事業主を入れないアマチュアリズムはそれなりによい事かもしれないが、それが為の対応の悪さなど否定しきれない事実としてあり、今後の動向に注目したい。2004年3月より名称が日本ハンググライディング連盟より日本ハング・パラグライディング連盟と変更されている。なお、英語ではJapan Hanggliding & Paragliding Federationとなるが、略称はJHFと変わらない。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android