コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本人類学会 にっぽんじんるいがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本人類学会
にっぽんじんるいがっかい

日本唯一の自然人類学関係の学会。1884年坪井正五郎らが結成した「じんるいがくのとも」という団体を母体に,東京大学人類学教室を中心として発展した。1886年に『人類学会報告』という機関誌を出し,会の名称を「東京人類学会」とする。自然人類学,先史学,考古学,民俗学,民族学などの人類諸科学を含む幅広い研究の発表の場となった。機関誌は,その後名称を『東京人類学会報告』『東京人類学会雑誌』『人類学雑誌』と変えた。1998年以降は『Anthropological Science』の名称で和文誌と英文誌を発行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本人類学会の関連情報