日本民族(読み)にほんみんぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民族形成論が困難であるのは,何をもってある集団民族と呼びうるのかという指標が一義的には決められないことにある。たとえば,日本列島に住む人類は,縄文時代には朝鮮半島,シベリアおよびサハリン,東南アジア諸島などからの諸種族の複合であったと考えられる。しかし,日本民族の民族性の核心水稲耕作に求めれば,その起源弥生時代にまで下る。また,日本民族としての共属意識の発生に注目すれば,政治的統合の時期である奈良時代が重要であるという。さらに日本民族といった場合,アイヌ民族や沖縄がどのように含まれるのかという問題は,この言葉が過去に政治的に用いられたことがあっただけにより複雑である。このように日本民族の解明は過去の探求と同時に現在の問題でもあり,今後も諸方面からの研究が望まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本民族の関連情報