コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本版デュアルシステム ニホンバンデュアルシステム

デジタル大辞泉の解説

にほんばん‐デュアルシステム【日本版デュアルシステム】

企業での実習OJT)と学校での講義(Off JT)を並行して行う、若年者向けの職業教育訓練システム。ドイツ制度を参考に、日本に導入された。文部科学省が平成16年度(2004)から一部の高等学校で試験的に導入しているものと、厚生労働省所管の高齢・障害・求職者雇用支援機構が職業能力開発大学校・職業能力開発促進センター・専修学校(委託訓練)などで行っているものがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本版デュアルシステム

ニートやフリーター若者離職といった問題への対策として進路選択の判断能力を育もうと、文部科学省がドイツの制度を参考に高校に試験的に導入した。座学と企業での実習を組み合わせた内容で、全国で04年度に20校、05年度には5校がモデル校に指定され、それぞれ3年間取り組んだ。

(2009-02-22 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本版デュアルシステムの関連キーワードデュアル・システムデュアルシステム

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android