実習(読み)じっしゅう

精選版 日本国語大辞典「実習」の解説

じっ‐しゅう ‥シフ【実習】

〘名〙
講義を聞いたり、資料によったりすることだけで学習していたものを、実地に、または実物をもって学ぶこと。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉青年実業家「銀行の取引実務とか手形交換の実習とか云ふものなら昔しの商法講習所位のものを置けば沢山だ」
教育実習のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android