コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本的キリスト教 にほんてきキリストきょう

1件 の用語解説(日本的キリスト教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本的キリスト教
にほんてきキリストきょう

昭和初期から第2次世界大戦敗戦までの期間にみられた日本のキリスト教主としてプロテスタントの一部信徒の思想動向をさす概括的な概念。 1931年の満州事変から中国侵攻が泥沼化し,国際的にも孤立してアメリカイギリスなどの圧迫を受けて,国内では日本神話に基づく国粋主義ファシズム体制が固まりつつあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本的キリスト教の関連キーワード潜伏期第2次世界大戦爆雷旭日旗世界大戦戦敗龍-RON-生存期間《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本的キリスト教の関連情報