日本語文学(読み)にほんごぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本語文学
にほんごぶんがく

日本語は日本人だけのものだという意識は,多くの日本人が共有している。特に文学の世界ともなれば,その意識は一層強くなる。唯一の例外は,在日韓国・朝鮮人のように日本語で表現する作家だけであった。しかしその確信を揺るがせたのが,『星条旗の聞こえない部屋』で 92年の野間文芸新人賞を受賞したリービ英雄である。アメリカ人の日本文学研究者だった彼は,ジャパノロジストで終わりたくないとの思いで来日。日本語は今や人格に近いというアメリカ人が,日本語の文学に新たな可能性を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

日本語文学

植民地文学」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本語文学の関連情報