日本軽金属[株](読み)にっぽんけいきんぞく

百科事典マイペディア「日本軽金属[株]」の解説

日本軽金属[株]【にっぽんけいきんぞく】

古河系のアルミニウム・メーカー。1939年古河電気工業と東京電灯(現東京電力)の共同出資により,日本軽金属を設立。1943年アルミナからアルミ地金までの一貫体制を確立。1952年カナダのアルミニウム・リミテッド社(現アルキャン・アルミニウム社)と資本提携。日本を代表する軽金属メーカーであり,現在,精錬部門をもつ日本唯一のアルミ一貫メーカー。アルミ製の自動車ボディ骨格材など,主に自動車メーカーに製品を供給。本社東京,工場清水,蒲原ほか。2011年資本金390億円,2011年3月期売上高4294億円。売上構成(%)は,アルミナ・化成品・地金25,板・押出製品16,加工製品・関連事業32,・粉末製品27。海外売上比率19%。
→関連項目日本ゼオン[株]古河財閥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android