コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日潮不等 にっちょうふとう

3件 の用語解説(日潮不等の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日潮不等【にっちょうふとう】

潮汐(ちょうせき)において,午前と午後の満潮あるいは干潮の水位,時間間隔に差があること,あいは差位。一定の場における日潮不等は月が赤道から最も隔たったころに最大で,そのころの潮汐を回帰潮,月が赤道付近にあるとき最小で,そのころの潮汐を分点潮という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

海の事典の解説

日潮不等

各分潮の中で、主太陰半日周潮が最も卓越しているから、通常潮汐によって一日に二回干満が起こる。しかし各分潮との位相関係に応じて、二回の干満の潮位は 著しく異なることがある。これを日潮不等と呼ぶ。一日の内、高い方の満潮を高高潮、低い方の満潮を低高潮、高い方の干潮を高低潮、低い方の干潮を低低潮と いう。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone