満潮(読み)まんちょう

デジタル大辞泉の解説

まん‐ちょう〔‐テウ〕【満潮】

潮が満ちて海水面が最も高くなる現象。ふつう1日に2回起こる。高潮(こうちょう)。みちしお。⇔干潮

みち‐しお〔‐しほ〕【満(ち)潮】

潮が満ちて、海面がしだいに上昇する現象。また、1日のうちで海水面が最も高くなるとき。上げ潮。まんちょう。⇔引き潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まんちょう【満潮 high water】

潮汐に伴う海面の昇降は,ふつう1日2回起こるが,1日1回しか起こらない所もある。海面の水位が極大になった状態を,満潮あるいは高潮(こうちよう)という。【寺本 俊彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まんちょう【満潮】

潮が満ちて、海水面が上がりきった状態。また、その時。一日のうち、普通二回出現し、高い方の満潮を高高潮こうこうちよう、低い方の満潮を低高潮という。みちしお。高潮こうちよう。 ⇔ 干潮

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満潮
まんちょう
high water

潮汐(ちょうせき)による海面の昇降で、海面が上昇しきった状態をいう。高潮(こうちょう)ともいう。これに対して、下がりきった状態を干潮(かんちょう)という。通常は満潮と干潮がそれぞれ1日2回生じるが、満潮時の高さに差があり、それを区別するときは高いほうを高高潮(こうこうちょう)、低いほうを低高潮(ていこうちょう)とよぶ。
 満潮の時刻と高さは日々変化するが、新月と満月のころは潮差が大きく、高い満潮となる。夏から秋にかけて平均潮位が高い季節に、大潮の満潮と、高潮(たかしお)や異常潮位が重なると、浸水・冠水の被害が一段と大きくなるので注意を要する。[岡田正実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の満潮の言及

【月】より

…これは,潮汐を起こす力は距離の3乗に逆比例するからである。潮汐の力は,直接の月や太陽の引力ではなく,地球の中心と地球の表面での引力の差で,このために,月の直下の点と,その反対の側で満潮になる。したがって,1日に2回満潮になるので,動く月の方向を基準として測った地球の自転周期の半分の12時間25分ごとに月による満潮が起こる。…

※「満潮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満潮の関連情報