コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日銀納付金 にちぎんのうふきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日銀納付金
にちぎんのうふきん

日本銀行の政府に対する納付金。日本銀行法 39条4項に,日本銀行は事業年度ごとに純益金から法定準備金,別途準備金,払込出資金に対する積立金,配当を控除した残額をすべて政府に納付しなければならないと規定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日銀納付金【にちぎんのうふきん】

日本銀行日銀)の毎期剰余金のうち,一定の準備金,積立金と配当金を除いた額で,政府に納めるよう法律で定められたもの。日銀は銀行券発行や政府預金受託などの特権を与えられ,毎年多大の利益をあげているため,1932年この制度を創設。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日銀納付金の関連情報