コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川初瀬 はやかわ はつせ

2件 の用語解説(早川初瀬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川初瀬 はやかわ-はつせ

?-1730 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
若衆方から若女方に転じる。はじめ京坂の舞台にたち,元禄(げんろく)13年江戸山村座に出演。初代中村七三郎と共演して芸をみがき,初代生島大吉とならび称された。一時京坂にもどるが,享保(きょうほう)4年からふたたび江戸で活躍。所作事,濡事(ぬれごと)などを得意とし,あらゆる女役をこなした。享保15年5月15日死去。前名は早川権三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

早川初瀬

没年:享保15?(1730)
生年:生年不詳
江戸前期の若女形の歌舞伎役者。はじめ若衆形,のち若女形に転向。元禄14(1701)年より江戸へ下り,初代中村七三郎と共演することで芸を磨いた。得意の軽業芸では生島大吉と一対とされ,若女形の首位を争った。所作事,荒事,濡れ事,愁嘆などすべてに長じ,大吉が夭折したのちは名実ともに若女形の首位となった。宝永7(1710)年,早川権三郎として立役に転向したが評判が悪く,翌年再び若女形へ戻る。しかし若手の筒井吉十郎,浅尾十次郎らの人気に押され,評判記でも衰えを指摘されるようになる。晩年は若女形の最高位である巻軸となり,重鎮としての役割を担った。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1期

(北川博子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の早川初瀬の言及

【石橋】より

…野郎歌舞伎時代から元禄期(1688‐1704)にかけて〈しゝ踊〉が猿若狂言に結びついてあらわれているが,それらと能との関係は明らかでない。元禄期には水木辰之助が〈今様能狂言〉で《花子しゝのらんぎょく》を演じ,早川初瀬が軽業の石橋を得意とした記録がある。現存最古のものは,1734年(享保19),初世瀬川菊之丞の《相生(あいおい)獅子》,続いて同人の《枕獅子》。…

※「早川初瀬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

早川初瀬の関連キーワード歌舞伎子歌舞伎役者伊藤小太夫(初代)上村吉弥(2代)荻野八重桐(2代)玉川主膳玉沢林弥玉村吉弥段助花桐豊松(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone