コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早河荘 はやかわのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

はやかわのしょう【早河荘】

神奈川県小田原市周辺にあった荘園。現在の同市のほぼ南半分くらいを占めていたと思われる。平安時代,1020年(寛仁4)に相模守として下向した貴族大江公資が国司在任中に早川牧として設定した。彼は長暦年間(1037‐40)に他の国の所領とともに早川牧を藤原道長の子の民部卿長家に寄進し,これを本家と仰ぎ,みずからは領家となって子孫に伝えた。孫の大江公仲は95年(嘉保2)に領家職を養子の以実に譲ったが,公仲の長女仲子と以実の間に領家職をめぐる相論が起こった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

早河荘の関連キーワード小早川氏土肥氏摩々局摩々尼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android