早計(読み)そうけい

精選版 日本国語大辞典「早計」の解説

そう‐けい サウ‥【早計】

〘名〙 (形動) 十分に考えをめぐらさないで急いでことをなすこと。また、そのさま。はやまった画。はやまった判断。
※東海一漚集(1375頃)三・与竺僊和尚「妄談般若之次、不早計之嘲
※自由学校(1950)〈獅子文六〉五笑会の連中「ベートオヴェン、モツアルトばかりに、音楽の精神があると思うのは早計だぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「早計」の解説

そう‐けい〔サウ‐〕【早計】

[名・形動]早まった考え。十分に考えないで判断すること。また、そのさま。「そう結論するのは早計だ」「早計に失する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「早計」の解説

【早計】そう(さう)けい

早合点。〔荘子、斉物論や、何ぞ以て之れを知るに足らん。且つ女(なんぢ)も亦た太(はなは)だ早計なり。卵を見て時夜(のとき告げ)を求め、彈を見て炙(けうしゃ)(小鳩の焼肉)を求む。

字通「早」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報