斉物論(読み)せいぶつろん(英語表記)Qi-wu-lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斉物論
せいぶつろん
Qi-wu-lun

中国の古典荘子』の第2編。この編名については,諸子のさまざまなを帰一させるという,物を一源に基づかせるという意などと解するがある。人間の認識虚妄,相対的であるから,否定的思弁によって,境地にいたって絶対的,一元的認識があることを説いている。古代では,最も精緻な論であった。荘周原作であろうと推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶつろん【斉物論 Qí wù lùn】

中国古代の哲学書《荘子》の篇名。また荘子の哲学の中核をなす論。現実世界の根源にあってそれを支えている〈道〉の絶対性のもとでは,現実世界における万物の多様性や価値観の相違などのあらゆる差別相が止揚されて意味をもたなくなること,したがって道の在り方に目覚め道と一体となることによって,個が個としての価値を完全に回復し,何ものにもとらわれない境地に到達できるという論。【麦谷 邦夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報