コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早鞆瀬戸 はやとものせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早鞆瀬戸
はやとものせと

福岡県北九州市門司区と山口県下関市壇ノ浦の間にある水道。関門海峡の最狭部で幅約 650m。潮流が最高8ノットに達する航行難所で,源平古戦場として知られる。 1958年国道トンネル (3461m) ,73年関門橋 (1068m) ,75年新関門 (新幹線) トンネル (1万 8713m) が開通。瀬戸内海国立公園に属し,両岸の門司区和布刈 (めかり) 公園,下関市火ノ山公園からの眺望はすばらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はやとものせと【早鞆瀬戸】

関門海峡東端の最狭部の水道。海底を国道が走り、関門橋がかかる。壇浦合戦の古戦場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

早鞆瀬戸の関連キーワード福岡県北九州市門司区関門トンネル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早鞆瀬戸の関連情報