コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源平 ゲンペイ

デジタル大辞泉の解説

げん‐ぺい【源平】

源氏と平氏。「源平の合戦」

敵味方の二組に分かれること。敵と味方。「源平試合」
《源氏は白旗、平氏は赤旗を用いたところから》白と赤。紅白。「源平縞(じま)」「源平餅(もち)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

げんぺい【源平】

福井の日本酒。清酒の味の表現「甘」「辛」「ピン」を源平の合戦になぞらえ、平家の優雅さを「甘」、源氏の荒武者ぶりを「辛」、戦いの緊迫感を「ピン」にたとえて命名。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒、普通酒などがある。平成9、15、19、20年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は五百万石など。仕込み水は白山山系の伏流水蔵元の「源平酒造」は延宝元年(1673)創業。所在地は大野市要町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

げんぺい【源平】

源氏と平氏。 「 -の戦い」
二組に分かれてする勝負。 「 -ガルタ」
〔源氏が白旗、平氏が紅旗を用いたので〕 白と紅。 「 -餅」 「 -なます」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の源平の言及

【モモ(桃)】より

…《花壇綱目》(1681)には9品種が記録されていて,このころより観賞用の花木としてのハナモモの育成が盛んになったらしい。現在でも八重咲きで白に赤の絞りがはいる源平,早咲きで濃赤色の寒緋(かんひ),濃桃色でキクに似た八重咲きの菊桃(きくもも),白色の寒白(かんぱく)などの花変りのほかに,しだれになったものや,小型で開花する一才物の一才桃など多くの品種が残されている。ハナモモは,果実のできるものでも熟期が遅く,小さくて食用には適さない。…

※「源平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

源平の関連キーワード源平盛衰記(げんぺいせいすいき)兵庫県神戸市長田区大道通石川県河北郡津幡町竹橋香川県高松市牟礼町原瀬戸内海国立公園治承・寿永の内乱赤地の錦の直垂ひらかな盛衰記治承寿永の乱常陸坊海尊屋島の戦い片山津温泉遮那王義経御息文字生田神社古典落語紅白試合扇屋熊谷実盛物語布引の三

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源平の関連情報