旬宴(読み)しゅんえん

精選版 日本国語大辞典「旬宴」の解説

しゅん‐えん【旬宴】

〘名〙 朝廷で、(しゅんぎ)の際に、群臣に賜わった酒宴。→旬儀
※本朝世紀‐天慶二年(939)一〇月一日「是日天皇御南殿、有」 〔張説‐三月二十日詔宴楽遊園賦得風字詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の旬宴の言及

【旬政】より

…毎月1,11,16,21日に天皇が紫宸殿に出席して政事をみる儀。この日公卿はすべて参集する定めで,儀の終了後,宴をたまうのを旬宴といい,さらに禄をも支給された。《日本書紀》天武5年(676)10月朔日条には旬の字はないが,置酒して群臣に宴を賜ったのが旬政の初見とみなされ,以来平安時代前期までは,旬政はほぼ定日に行われていた。…

※「旬宴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android