(読み)シュン

デジタル大辞泉の解説

しゅん【旬】

[名]
魚介類や蔬菜(そさい)・果物などの、最も味のよい出盛りの時期。「の魚」「たけのこの
物事を行うのに最も適した時期。「紅葉狩りの
古代、宮中で行われた年中行事の一。天皇が紫宸殿(ししんでん)に出御、臣下に酒を賜り、政務を聞く儀式。もとは毎月1日・11日・16日・21日に行われたが、平安中期以後は4月と10月の1日だけとなった。4月を孟夏(もうか)の旬、10月を孟冬(もうとう)の旬といい、合わせて二孟の旬という。このほか、朔旦(さくたん)冬至の旬など、臨時の旬もあった。
[形動]評判になっているさま。また、最新であるさま。「もっとも話題

じゅん【旬】

10日。特に、1か月を3分した、それぞれの10日間。→上旬中旬下旬
10年を1期とした称。「齢(よわい)七を迎える」

じゅん【旬】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジュン(呉) シュン(漢)
一〇日間。「旬刊下旬初旬上旬中旬
一〇年。または、一〇か月。「旬月旬年
[名のり]ただ・とき・ひとし・ひら・まさ

しゅん【旬】[漢字項目]

じゅん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

旬【しゅん】

魚類,野菜果実などの最も美味な時期をいう。多くは漁獲量収穫量の多い出回り期がこれに当たるが,必ずしも一致せず,魚では脂ののった生殖期直前の場合が多く,野菜では収穫の初めのころがよい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅん【旬】

(1)魚貝類,蔬菜(そさい),果実などが最も美味な時期をいい,漁獲量,収穫量の多い出盛り期がそのまましゅんであることが多い。魚では生殖期直前の脂ののった時期であることが多く,蔬菜では収穫期の初めのころである。しゅん以前のものは〈走り〉〈初物〉,しゅん過ぎのものは〈しゅんはずれ〉と呼ばれたが,遠洋への出漁による漁獲や促成栽培の日常化により,日本人の食生活をいろどっていた季節感は薄れ,しゅんもまた失われつつある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅん【旬】

魚介類・野菜などの、味のよい食べ頃の時期。出盛りの時期。 「 -の野菜」
物事を行うのに最適の時期。
その時期に注目され、話題となっていること。 「 -の話題」
朝廷の年中行事の一。天皇が臣下から政務を聞き、祝宴を催したこと。古くは毎月1日・11日・16日・21日に、平安中期以後は4月1日と10月1日を例とし、それぞれ孟夏の旬・孟冬の旬といい、扇・氷魚ひおを賜った。旬儀。旬政。

じゅん【旬】

10日。特に一か月を三分したときの、それぞれの10日間。 「上-・中-・下-」 「入道相国失せ給ひて後、わづかに五-をだにも過ぎざるに/平家 6
10年を一期とするときの称。 「五-の齢よわいの流車、坂に下る/海道記」
しゅん(旬)」に同じ。 「今年は十八になるから今が嫁入りの-で/二人女房 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅん【旬】

〘名〙 (「しゅん」は「旬」の漢音)
① 中古、朝廷で行なわれた年中行事の一つ。毎月、一日、一一日、一六日、二一日に、天皇が臣下から政務をきく儀式。はじめは毎月行なわれたが、のち、四月と一〇月との一日だけとなって、四月を孟夏の旬、一〇月を孟冬の旬と称し、合わせて二孟の旬という。この日、闈司奏・監物奏・六府番奏・少納言庭立奏などの諸官の奏、歌舞、賜祿などの事があり、孟夏の旬には扇、孟冬の旬には氷魚を賜わるのを例とした。また、天皇の出御のない時は、平座(ひらざ)と称して略儀としたが、後世は多く平座となった。諒闇(りょうあん)・忌日などには行なわれず、日食の際にはその翌日となる。恒例の旬の外に臨時の旬があり、一一月一日が冬至にあたった時は朔冬旦至の旬、内裏新造後には新所の旬、即位後には万機の旬が行なわれた。旬儀。旬政。
※日本紀略‐延喜七年(907)一二月一六日「旬、天皇御南殿
② 草木などの盛りの時期。また、魚介・果物・野菜など、季節の食物が出盛りの時。物がよく熟し、最も味がよい季節。
※玉塵抄(1563)一四「蔓草は秋冬がしゅんなり」
③ (②から転じて) 物事を行なうのに、最も適した時期。最も盛んな時期。
※玉塵抄(1563)三「八月は風のしゅんできぶうあらいぞ」
④ 時候。季節。じゅん。
※和英語林集成(初版)(1867)「Shun(シュン) ハズレ」

じゅん【旬】

〘名〙
① 一〇日。一〇日間。特に、一か月を三分したときの、それぞれの一〇日間。一日から一〇日までを上旬、一一日から二〇日までを中旬、二一日から月末までを下旬という。
※万葉(8C後)一七・三九六五・題詞「忽沈枉疾、累旬痛苦、祷恃百神、且得消損
※今昔(1120頃か)一二「只堂の預の俗三人、清浄にして旬を替て各十日の間入る」 〔礼記‐曲礼・上〕
② 一〇年を一期とする時の称。
※台記‐天養元年(1144)一二月一五日「以著之直衣装束一具、給高基五旬、凌寒気之故」 〔白居易‐偶吟自慰、兼呈夢得詩〕
※末枯(1917)〈久保田万太郎〉「すっかりもう冬めきました〈略〉今年はすこしいつもより旬(ジュン)が早いやうに思はれますが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旬の関連情報