コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュン

9件 の用語解説(旬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅん【旬】

[名]
魚介類や蔬菜(そさい)・果物などの、最も味のよい出盛りの時期。「の魚」「たけのこの
物事を行うのに最も適した時期。「紅葉狩りの
古代、宮中で行われた年中行事の一。天皇が紫宸殿(ししんでん)に出御、臣下に酒を賜り、政務を聞く儀式。もとは毎月1日・11日・16日・21日に行われたが、平安中期以後は4月と10月の1日だけとなった。4月を孟夏(もうか)の旬、10月を孟冬(もうとう)の旬といい、合わせて二孟の旬という。このほか、朔旦(さくたん)冬至の旬など、臨時の旬もあった。
[形動]評判になっているさま。また、最新であるさま。「もっともな話題」

じゅん【旬】

10日。特に、1か月を3分した、それぞれの10日間。→上旬中旬下旬
10年を1期とした称。「齢(よわい)七を迎える」

じゅん【旬】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジュン(呉) シュン(漢)
一〇日間。「旬刊下旬初旬上旬中旬
一〇年。または、一〇か月。「旬月旬年
[名のり]ただ・とき・ひとし・ひら・まさ

しゅん【旬】[漢字項目]

じゅん

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

旬【しゅん】

魚類,野菜,果実などの最も美味な時期をいう。多くは漁獲量や収穫量の多い出回り期がこれに当たるが,必ずしも一致せず,魚では脂ののった生殖期直前の場合が多く,野菜では収穫の初めのころがよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

 味,物性などから食品の収穫に最も適した時期.通常,最も多量に収穫される時期に一致する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅん【旬】

(1)魚貝類,蔬菜(そさい),果実などが最も美味な時期をいい,漁獲量,収穫量の多い出盛り期がそのまましゅんであることが多い。魚では生殖期直前の脂ののった時期であることが多く,蔬菜では収穫期の初めのころである。しゅん以前のものは〈走り〉〈初物〉,しゅん過ぎのものは〈しゅんはずれ〉と呼ばれたが,遠洋への出漁による漁獲や促成栽培の日常化により,日本人の食生活をいろどっていた季節感は薄れ,しゅんもまた失われつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅん【旬】

魚介類・野菜などの、味のよい食べ頃の時期。出盛りの時期。 「 -の野菜」
物事を行うのに最適の時期。
その時期に注目され、話題となっていること。 「 -の話題」
朝廷の年中行事の一。天皇が臣下から政務を聞き、祝宴を催したこと。古くは毎月1日・11日・16日・21日に、平安中期以後は4月1日と10月1日を例とし、それぞれ孟夏の旬・孟冬の旬といい、扇・氷魚ひおを賜った。旬儀。旬政。

じゅん【旬】

10日。特に一か月を三分したときの、それぞれの10日間。 「上-・中-・下-」 「入道相国失せ給ひて後、わづかに五-をだにも過ぎざるに/平家 6
10年を一期とするときの称。 「五-の齢よわいの流車、坂に下る/海道記」
しゅん(旬) 」に同じ。 「今年は十八になるから今が嫁入りの-で/二人女房 紅葉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旬の関連情報