コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝世紀 ほんちょうせいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝世紀
ほんちょうせいき

歴史書。 20巻。藤原通憲著。平安時代末期の成立。鳥羽法皇の命を受け,六国史のあとを継承し,宇多天皇から近衛天皇までの事跡編年体に記したもの。久安6 (1150) 年から着手,完成しないうちに平治の乱途絶宇多,醍醐両天皇の部分は『新国史』に依拠し,次の朱雀天皇からは太政官外記局の日記に拠り,ほかに貴族の日記を参照した。この書の一名を『史官記』または『外記 (げき) 日記』というのはこのためである。全体では 100巻をこえる分量であったらしいが,現在では朱雀天皇の承平5 (935) 年から近衛天皇の仁平3 (1153) 年までのうち,三十数年分が知られるにすぎない。平安時代後期の根本史料

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

本朝世紀【ほんちょうせいき】

平安時代の歴史書。編者は1150年に鳥羽法皇から編纂の内命を受けた藤原通憲(みちのり)。通憲は出家して信西(しんぜい)と称した。当初は《六国史(りっこくし)》のあとを受け,宇多(うだ)天皇から堀河天皇までの15代,さらに鳥羽・崇徳(すとく)・近衛の3代を加えて18代の歴史を編纂する計画だったが,宇多天皇1代のみが完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうせいき【本朝世紀】

藤原通憲(信西)の編纂した平安時代の歴史書。1150年(久安6)鳥羽法皇の内命を受けて編纂に着手した。当初,六国史のあとをついで宇多天皇より堀河天皇にいたる15代220年余の通史を作る計画であったが,のち鳥羽,崇徳,近衛の3代を加えて18代とした。しかし完成したのは宇多天皇の1代のみで,他は未定稿のままに終わったとみられる。もとは数百巻にのぼる膨大なものであったと推定されるが,ほとんどが散逸し,今は935年(承平5)より1153年(仁平3)の間が断続的に四十数巻伝わるにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんちょうせいき【本朝世紀】

歴史書。藤原通憲編。平安末期成立。六国史を継ぐものとして編纂へんさんされたが、通憲の死により中絶。935~1153年までの記事二〇巻が断続的に現存。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝世紀
ほんちょうせいき

平安時代末期成立の歴史書。20巻。藤原通憲(みちのり)(せん)。『史官記』『外記(げき)日記』ともよばれる。通憲が鳥羽(とば)法皇の内命を受けて、1150年(久安6)に、六国史(りっこくし)を継ぐ目的で、宇多(うだ)天皇(在位889~897)から堀河(ほりかわ)天皇(在位1086~1107)まで15代の歴史の編纂(へんさん)を開始した。しかし、20巻または30巻といわれる本書は散逸して、未定稿の935年(承平5)から1153年(仁平3)までが断続的に現存する。外記日記(太政官(だいじょうかん)の公的日記)または外記官人の私日記を史料としているため、平安時代後期の重要史料とされる。『新訂増補国史大系』所収。[林 幹彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

本朝世紀の関連キーワード藤原行成藤原信頼藤原実資高階為章保元の乱藤原信西鎮守の神藤原純友藤原師通仁王会小右記現存権記検疫末代薙刀金神母衣

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android