昌原(読み)しょうげん

百科事典マイペディア「昌原」の解説

昌原【しょうげん】

韓国,慶尚南道南部の工業都市,同道の道庁所在地。馬山市に隣接する穀倉地帯だったが,1973年に韓国最大の公設工業団地昌原機械工業基地〉の建設が着手されてからめざましく発展敷地23km2の工場団地には,韓国重工業はじめ韓国有数の機械工場が集中し,下請関連工場も密集している。韓国製造業の未来をになう拠点地域。105万8021人(2010)。
→関連項目慶尚南道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「昌原」の解説

しょうげん【昌原 Ch‘angwon】

韓国,慶尚南道南部の都市。慶尚南道の道庁所在地。人口48万0099(1995)。韓国最大の公設の工業団地である昌原機械工業基地がある。馬山市に近接する平野に位置し,水田地帯だったが,1973年に〈重化学工業計画〉が発足すると同時に建設が着手された。23km2の敷地に韓国重工業会社はじめ韓国有数の機械工業が集中している。技術・市場面で問題が少なくないが,韓国経済の発展のを握っているものとして内外から注目されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android