コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昌原 しょうげん

百科事典マイペディアの解説

昌原【しょうげん】

韓国,慶尚南道南部の工業都市,同道の道庁所在地。馬山市に隣接する穀倉地帯だったが,1973年に韓国最大の公設工業団地昌原機械工業基地〉の建設が着手されてからめざましく発展。
→関連項目慶尚南道

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうげん【昌原 Ch‘angwon】

韓国,慶尚南道南部の都市。慶尚南道の道庁所在地。人口48万0099(1995)。韓国最大の公設の工業団地である昌原機械工業基地がある。馬山市に近接する平野に位置し,水田地帯だったが,1973年に〈重化学工業計画〉が発足すると同時に建設が着手された。23km2の敷地に韓国重工業会社はじめ韓国有数の機械工業が集中している。技術・市場面で問題が少なくないが,韓国経済の発展の鍵を握っているものとして内外から注目されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

昌原の関連キーワードまげもん。―御誂 人情幕ノ内キョンサンナム(慶尚南)道ウイチャン(義昌)郡キム・タルスチャンウォン三浦の乱大韓民国神代辰巳鎮海湾金達寿五広大黄嗣永乃而浦慶尚道安骨浦競輪合浦金海崔瑩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

昌原の関連情報