コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明刀 メイトウ

1件 の用語解説(明刀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めい‐とう〔‐タウ〕【明刀】

中国、戦国時代に、燕(えん)を中心に華北東北地方で流通した銭貨。刀銭の一種で、表面に「明」に似た文字が刻まれている。明刀銭。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の明刀の言及

【貨幣】より

…他の貨幣の流通圏にも流通する関係で,他の貨幣との交換値を刻んだものも発行された。一方,刀貨は北方の明刀と南方の斉刀に大別される。明刀はより原初的な尖首刀の後をうけて造られたと考えられているが,刀身部に明字が刻まれているのが特徴である。…

【刀貨】より

…刀銭ともいう。普通,流通地域によって明刀と斉刀に大別する。明刀は,刃の先端部のとがった尖首刀の後をうけたものと考えられるが,東北部の燕国を中心とする地域で用いられた。…

※「明刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone