コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明暹 めいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明暹 めいせん

1059-1123 平安時代後期の雅楽家。
康平2年生まれ。藤原明衡(あきひら)の子。大和(奈良県)興福寺の僧で,碩才(せきさい),楽家名師と評される。横笛を同寺の円憲,または楽人玉手公頼にまなんだという。堀河天皇に賞されて宝笛をあたえられ,般若丸と名づけた。保安(ほうあん)4年9月23日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明暹の関連キーワードアブドゥッラー・イブン・ヤーシーンニコラウス2世ベネディクツス10世阿骨打崇徳天皇阿骨打アクダ宗教会議崇徳天皇道の駅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android