コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明暹 めいせん

1件 の用語解説(明暹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明暹 めいせん

1059-1123 平安時代後期の雅楽家。
康平2年生まれ。藤原明衡(あきひら)の子。大和(奈良県)興福寺の僧で,碩才(せきさい),楽家名師と評される。横笛を同寺の円憲,または楽人玉手公頼にまなんだという。堀河天皇に賞されて宝笛をあたえられ,般若丸と名づけた。保安(ほうあん)4年9月23日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明暹の関連キーワード阿骨打崇徳天皇阿骨打道の駅突尼斯覚助高階為章源雅実源麗子覚助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone