保安(読み)ホアン

大辞林 第三版の解説

ほあん【保安】

まもること。安んずること。保護。 「 -設備」
社会の平安や秩序を保つこと。

ほうあん【保安】

( 名 ) スル
ほあん(保安)」に同じ。 「内以て億兆を-し外以て万国と対峙せんとす/新聞雑誌 7

ほうあん【保安】

年号(1120.4.10~1124.4.3)。元永の後、天治の前。鳥羽・崇徳すとく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ほあん【保安】

⇒保安(ほうあん)

ほうあん【保安】

日本の元号(年号)。平安時代の1120年から1124年まで、鳥羽(とば)天皇、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は元永(げんえい)。次元号は天治(てんじ)。1120年(元永3)4月10日改元。天変、厄運を理由に行われた(災異改元)。保安年間には、白河(しらかわ)法皇による院政が行われていた。鳥羽天皇に実権はなく、1123年(保安4)に白河の意向により皇子の崇徳天皇に譲位し、上皇となった。崇徳の即位後も、白河法皇が実権を掌握した。◇「ほあん」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほ‐あん【保安】

〘名〙 安全を保つこと。社会の安寧秩序を保つこと。ほうあん。
※史記抄(1477)一六「生民をだに懐せば我身をも能く保安して可恃ものをと戒たぞ」 〔晉書‐王坦之伝〕

ほう‐あん【保安】

[1] 〘名〙 =ほあん(保安)
※新聞雑誌‐一一号・明治四年(1871)八月「之に憑(よっ)て産業を営み其生を保安(ホウアン)するもの不鮮と云」
[2] 平安時代、鳥羽・崇徳両天皇の代の年号。元永三年(一一二〇)四月一〇日、天変、厄運により改元。保安五年(一一二四)四月三日天治と改元。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保安の関連情報