保安(読み)ホアン

大辞林 第三版の解説

ほあん【保安】

まもること。安んずること。保護。 「 -設備」
社会の平安や秩序を保つこと。

ほうあん【保安】

( 名 ) スル
ほあん(保安)」に同じ。 「内以て億兆を-し外以て万国と対峙せんとす/新聞雑誌 7

ほうあん【保安】

年号(1120.4.10~1124.4.3)。元永の後、天治の前。鳥羽・崇徳すとく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ほあん【保安】

⇒保安(ほうあん)

ほうあん【保安】

日本の元号(年号)。平安時代の1120年から1124年まで、鳥羽(とば)天皇、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は元永(げんえい)。次元号は天治(てんじ)。1120年(元永3)4月10日改元。天変、厄運を理由に行われた(災異改元)。保安年間には、白河(しらかわ)法皇による院政が行われていた。鳥羽天皇に実権はなく、1123年(保安4)に白河の意向により皇子の崇徳天皇に譲位し、上皇となった。崇徳の即位後も、白河法皇が実権を掌握した。◇「ほあん」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほ‐あん【保安】

〘名〙 安全を保つこと。社会の安寧秩序を保つこと。ほうあん。
※史記抄(1477)一六「生民をだに懐せば我身をも能く保安して可恃ものをと戒たぞ」 〔晉書‐王坦之伝〕

ほう‐あん【保安】

[1] 〘名〙 =ほあん(保安)
※新聞雑誌‐一一号・明治四年(1871)八月「之に憑(よっ)て産業を営み其生を保安(ホウアン)するもの不鮮と云」
[2] 平安時代、鳥羽・崇徳両天皇の代の年号。元永三年(一一二〇)四月一〇日、天変、厄運により改元。保安五年(一一二四)四月三日天治と改元。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保安の関連情報