コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治二十三年恐慌 めいじにじゅうさんねんきょうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治二十三年恐慌
めいじにじゅうさんねんきょうこう

日本における最初の恐慌。 1887~89年企業勃興に伴う投機的泡末会社族生によってもたらされた金融逼迫と凶作による米価高騰は,株式相場の低落をもたらし,明治二十三年恐慌が生じた。この恐慌は金融部面をとらえただけの部分的恐慌であったとする見解があるー方で,過剰生産によって引起された最初の資本主義的周期性恐慌と評価する見解もある。この恐慌後,会社制度の法的整備が進み,93年商法が制定され,また恐慌救済措置としてとられた担保付手形割引制度はのちの間接的金融体制確立の条件となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

明治二十三年恐慌の関連キーワード東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門三大事件建白運動ウェッブカッペレッティグレフベネディクト

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android