コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明烏夢泡雪 アケガラスユメノアワユキ

デジタル大辞泉の解説

あけがらすゆめのあわゆき【明烏夢泡雪】

新内節。2巻。初世鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)作詞・作曲。安永元年(1772)成立。江戸三河島であった情死事件を、吉原の遊女浦里と春日屋時次郎の情話として脚色したもの。新内節の好評によって、清元常磐津(ときわず)義太夫節でも作曲された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あけがらすゆめのあわゆき【明烏夢泡雪】

新内の曲名。通称「明烏」。安永年間(1772~1781)初世鶴賀若狭掾つるがわかさのじよう作詞作曲。実際の情死事件を吉原の遊女浦里と春日屋時次郎の情話として脚色。情緒あふれる新内の代表曲。常磐津ときわず・清元・義太夫・富本とみもと節にも作曲された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

明烏夢泡雪の関連キーワード明烏(浄瑠璃新内節)浦里/時次郎明烏(落語)浦里・時次郎浦里・時次郎浦里時次郎明け烏義太夫常磐津明烏

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明烏夢泡雪の関連情報