コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石照男 あかし てるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石照男 あかし-てるお

1881-1956 大正-昭和時代の銀行家。
明治14年3月30日生まれ。渋沢栄一の娘婿。欧米に留学後,第一銀行にはいり,昭和10年頭取,18年三井銀行との合併により帝国銀行の会長となる。20年貴族院議員経団連日経連顧問。昭和31年9月29日死去。75歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「明治銀行史」,「日本金融史」(共著)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明石照男の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]工芸技術部門中平康野村芳太郎マキノ雅広体操競技ブラジル文学川島雄三アレクサンドル

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone