コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観理 かんり

1件 の用語解説(観理の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観理 かんり

894-974 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)6年生まれ。興福寺で出家し,法相(ほっそう)をおさめ,真言宗醍醐(だいご)寺の延敒(えんじょう)に三論(さんろん)と真言をまなぶ。醍醐寺座主(ざす)となり,応和の宗論では延暦(えんりゃく)寺の余慶と対論した。安和(あんな)元年(968)大僧都,翌年東大寺別当に任じられた。天延2年3月死去。81歳。俗姓は平。通称は東南院大僧都。著作に「唯識章」「三論方言義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

観理の関連キーワード円快永覚義清興義済棟昌住尋空隆子女王(1)猷憲

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観理の関連情報