コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観理(読み)かんり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観理 かんり

894-974 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)6年生まれ。興福寺で出家し,法相(ほっそう)をおさめ,真言宗醍醐(だいご)寺の延敒(えんじょう)に三論(さんろん)と真言をまなぶ。醍醐寺座主(ざす)となり,応和宗論では延暦(えんりゃく)寺の余慶と対論した。安和(あんな)元年(968)大僧都,翌年東大寺別当に任じられた。天延2年3月死去。81歳。俗姓は平。通称は東南院大僧都。著作に「唯識章」「三論方言義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android