コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観理 かんり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観理 かんり

894-974 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)6年生まれ。興福寺で出家し,法相(ほっそう)をおさめ,真言宗醍醐(だいご)寺の延敒(えんじょう)に三論(さんろん)と真言をまなぶ。醍醐寺座主(ざす)となり,応和宗論では延暦(えんりゃく)寺の余慶と対論した。安和(あんな)元年(968)大僧都,翌年東大寺別当に任じられた。天延2年3月死去。81歳。俗姓は平。通称は東南院大僧都。著作に「唯識章」「三論方言義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観理の関連キーワードレヒツシャイン禁反言則手形行為櫛田民蔵レビナスヌース奝然明観澄心寛平法縁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android