コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元杲 げんごう

2件 の用語解説(元杲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元杲 げんごう

914-995 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)14年生まれ。真言宗。醍醐(だいご)寺の元方(げんぽう)について出家。一定(いちじょう)らに真言と三論をまなび,淳祐(じゅんにゅう),寛空に灌頂(かんじょう)をうける。のち同寺延命院にはいる。東宮(とうぐう)(のちの円融天皇)護持僧,東寺長者,法務などをつとめ,4度にわたり神泉苑で降雨をいのった。長徳元年2月27日死去。82歳。字(あざな)は真言房。著作に「金剛界九会密記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

元杲

没年:長徳1.2.27(995.3.30)
生年:延喜14(914)
平安中期の真言宗の僧,権大僧都,東寺二長者。父は藤原晨省,母は榎井氏。16歳のとき醍醐寺の元方を師として得度受戒し,南都で一定,明珍 に三論,真言,石山寺の淳祐に真言を学んで,康保1(964)年伝法阿闍梨となる。安和1(968)年内供,東宮(円融天皇)の護持僧,天禄3(972)年東寺凡僧別当となる。旱魃のときに神泉苑で請雨経法を修して法験があり,人々を驚嘆させた。永延2(988)年辞して醍醐山に籠居して延命院と号し,法華経を転読,念仏して82歳で没した。弟子に仁海,覚縁がいる。<著作>『元杲大僧都自伝』<参考文献>『東寺長者補任』

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元杲の関連キーワード弘法大師会理行海(2)厳覚源仁盛算深観長遍頼観隆暁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone