明記(読み)めいき

精選版 日本国語大辞典「明記」の解説

めい‐き【明記】

〘名〙 はっきりと書きしるすこと。
人倫訓蒙図彙(1690)二「神道者〈略〉天武天皇の皇子一品舎人親王日本記を製作あり。此中神代の二巻本朝の(メイキ)たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「明記」の解説

めい‐き【明記】

[名](スル)はっきりと書きしるすこと。「住所氏名を明記する」
[類語]大書特筆特記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「明記」の解説

【明記】めいき

はっきりしるす。

字通「明」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android