特筆(読み)トクヒツ

デジタル大辞泉の解説

とく‐ひつ【特筆】

[名](スル)特にとりたてて書くこと。「特筆に値する」「特筆すべき事」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくひつ【特筆】

( 名 ) スル
特にとりたてて書くこと。多く、強調してほめる場合にいう。 「 -すべき美点」 「 -に値する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とく‐ひつ【特筆】

〘名〙 特にとりたてて書きしるすこと。「特に価する」
※山陽詩鈔(1833)二・楠公別子図「海甸陰風草木腥、史編特筆姓名馨」
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉巴里の諸博物館「其の建築のみにても、美術史上、特筆すべきものたり」 〔経学歴史‐経学昌明時代〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特筆の関連情報