コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野錫 ほしの しゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野錫 ほしの-しゃく

1855*-1938 明治-昭和時代前期の実業家。
安政元年12月26日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩の藩校でまなび,印刷工となる。明治20年渡米,印刷技術をおさめる。帰国後,王子製紙をへて29年東京印刷を創立して専務,のち社長。東京商業会議所副会頭などをつとめ,45年衆議院議員。昭和13年11月10日死去。85歳。江戸出身。名は「せき」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星野錫の関連キーワードマキノ雅広久松静児トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコースト

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone