コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野麦人 ほしの ばくじん

美術人名辞典の解説

星野麦人

俳人。東京生。名は仙吉。「毎日俳壇」「日本俳壇」に投句、子規庵句会にも列席して俳句の修行を積む。また角田竹冷らの秋声会にも参加した。「俳藪」を創刊し、のち秋声会機関誌「卯杖」と合併して「木太刀」と改題、主宰する。明治新派俳壇古老の一人として知られる。編著に『紅葉句帳』『蕉門十哲句集』等。昭和40年(1965)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野麦人 ほしの-ばくじん

1877-1965 明治-昭和時代の俳人。
明治10年4月13日生まれ。尾崎紅葉の教えをうけ,角田竹冷(角田真平)らの秋声会にも参加。明治34年「俳藪」を創刊,42年秋声会の「卯杖」を合併して「木太刀(きだち)」と改称,主宰した。俳諧(はいかい)史・古俳句研究で知られる。昭和40年3月12日死去。87歳。東京出身。本名は仙吉。句集に「あぢさゐ」「草笛」。
格言など】あぢさゐや夢の如くに虹たてる(「あぢさゐ」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星野麦人の関連キーワード柳下 孤村大田 南岳岡本 綺堂大田南岳浅井瓢緑柳下孤村俳人

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android