コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星間磁場 せいかんじば interstellar magnetic field

1件 の用語解説(星間磁場の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいかんじば【星間磁場 interstellar magnetic field】

星間空間や星間ガス雲中に存在する磁場。太陽付近の星間磁場はくちょう座腕に沿って銀経80゜,銀緯0゜の方向に走っていて,その強さは3×10-6ガウス程度である。磁場で整列した星間塵による星の光の偏光,銀河電波の直線偏波,パルサーや銀河系外電波源の直線偏波のファラデー回転などの観測によって知ることができる。星間ガス雲中の磁場強度は10-5~10-4ガウスと考えられ,ガス雲の発する波長21cmの中性水素輝線のゼーマン効果の観測から知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

星間磁場の関連キーワード宇宙塵星間物質天体星間雲星間塵HEOS太陽圏食品感染腸内ガスヒルトナー‐ホール効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone