コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河電波 ぎんがでんぱgalactic radio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀河電波
ぎんがでんぱ
galactic radio

銀河面からやってくる連続スペクトルを示す電波。特にいて座方向(銀河中心)からの電波が強い。最初に発見したのはカール・ジャンスキーで 1931年である。高エネルギー宇宙線(電子)が銀河磁場の中を運動するときに出すシンクロトロン放射と,電離ガス領域から放出される熱的な電波がある。銀河の多くも同様の電波を放出しており,クエーサーのように中心核からの電波には激しい時間変動を示すものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

銀河電波【ぎんがでんぱ】

銀河系からくる電波。ただし,超新星の残骸,太陽,惑星などの電波源からの電波は除外するのがふつう。銀河面に沿って分布する円盤成分,銀河中心を取り巻く成分があり,ハロー成分は実際にあるかどうかはまだ不確実。円盤成分のうち波長数cm以上のものは高エネルギー電子が銀河磁場中でらせん運動して発するシンクロトロン放射で,短波長のものは熱電子放射が主である。銀河中心方向では,多くの強い電波源が群がって存在し,これを包んで広がった電波がある。1931年にK.G.ジャンスキーが発見,電波天文学の端緒となった。銀河系の構造を知る有力な手段である。
→関連項目電波望遠鏡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんがでんぱ【銀河電波 galactic radio emission】

われわれの銀河系内部で,いろいろな原因で放射される電波の総称。ただし,多くの場合,超新星残骸,太陽,惑星など個々の電波源に起因するものは除外し,また,水素21cm電波,分子スペクトル線などのスペクトルの電波も除外することが多い。そのような場合にはとくに区別して銀河バックグラウンド電波と呼ぶこともある。 地球から見ると銀河面(天の川)に沿って分布する〈円盤成分〉と,銀河を大きく取り巻くガスから放射されると考えられる〈ハロー成分〉および銀河中心を取り巻く成分とからなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎんがでんぱ【銀河電波】

天の川の方向から飛来する電波。1931年、アメリカの電気技師 K = G =ジャンスキーが偶然発見。銀河背景放射。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀河電波
ぎんがでんぱ

とくに厳密な定義があるわけではないが、一般的には、われわれの銀河系全体から出ている電波のことをいう。これは主としてシンクロトロン放射であり、銀河系内に存在する磁場に、高速の電子が巻き付くように運動する際に発生するものである。磁場の起源については、銀河回転によるダイナモ機構などが考えられているが、定説はない。高速の電子は超新星の爆発時や、プラズマ雲(超新星残骸(ざんがい)などにある電離したガス雲)どうしの衝突時に加速されて発生すると考えられている。
 銀河電波は、アメリカのベル研究所の電気技師ジャンスキーKarl Guthe Jansky(1905―50)により、まったく偶然に1931年に発見された。これは銀河系の中心方向から到来する電波で、電波天文学史上、最初の観測であった。発見者にちなみ、電波の強度の単位をジャンスキー(1Jy=10-26ワット・単位ヘルツ・単位平方メートル)とよぶことになり、天文学の基本的な単位の一つになっている。電波強度は銀河面に沿って強く分布し、また銀河系中心方向で強くなる。強度は波長に依存し、波長が短くなるほど弱くなる。シンクロトロン放射は、磁場の方向に対応して直線偏波しており、直線偏波を観測することにより、逆に磁場の構造が解明できる。さらに強度分布などから、個々の超新星の残骸や、渦状腕(スパイラルアーム)の形状などを知ることができる。
 銀河系からの電波は、このほか、電離水素領域からのものや、分子雲(星間空間にある、一酸化炭素、アンモニア、水などいろいろな分子が集まっているガス雲)から種々の分子が出すものがある。[井上 允]
『赤羽賢司・海部宣男・田原博人著『宇宙電波天文学』(1988・共立出版) ▽祖父江義明著『電波でみる銀河と宇宙』(1988・共立出版) ▽小尾信彌著『銀河の科学』(1989・日本放送出版協会) ▽ハインツ・R・パージェル著、黒星瑩一訳『星から銀河へ――ハーシェルの庭』(1993・地人書館) ▽前田耕一郎著『電波の宇宙』(2002・コロナ社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android