春三夏六秋一無冬(読み)しゅんさんかろくしゅういちむとう

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅんさん【春三】 夏六秋一無冬(かろくしゅういちむとう)

① 四季における理想的な性交の回数をいうことば。春は三日に一度、夏は六日に一度、秋は一日に一度、冬はまったく禁ずる(一説に無制限)というもの。
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉植物の頭尾「されば植物の枝に咲く花に雌雄の別があって、春(シュン)三夏(カ)六秋(シウ)一無冬(ムトウ)に生殖作用をして居るのを見れば」
② 魚の塩加減にいうことば。魚に塩をするときは、春は三、夏は六、秋は一、冬は無塩の割合でするのがよいということ。
※随筆・卯花園漫録(1809)一「春三夏六秋一無冬といふ事〈略〉生魚に塩をするに、春は三分、夏は六分、秋は一分、冬は無塩にても魚はよくもつと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android